雲のやすらぎ 違い

雲のやすらぎは寝返りが快適!


独自の5層構造

「雲のやすらぎ」は、他の敷布団とどこが違うのでしょうか?

「腰に負担がかからない!」と評判の「敷布団 雲のやすらぎ」は、独自の5層構造によって体圧を分散して身体に余計な負荷が与えられないよう工夫されています。

このオリジナル技術の体圧拡散性法も、「敷布団 雲のやすらぎ」と他の敷布団との境界線をハッキリ引いている秘密の1つです。

商品名にもなっていますが、そもそも「敷布団 雲のやすらぎ」の開発コンセプトは「まるで雲の上で寝ているようなやすらぎ感」を感じられる敷布団と言うことでした。

研究の結果5層構造によるクロスクラウド製法を取り入れることが決定されましたが、繊維が縦方向の特殊マットが横方向の中芯で挟み込むことで横と縦のクロスが実現します。

敷布団に全体重を乗せても体圧をクロスが分散してくれますし、一番重みがかかる胸部や臀部も深く沈み込み過ぎずに受け止めてくれますから、快適に寝返りを打つことも可能です。

寝返りが快適だとなぜ良いのか?

「雲のやすらぎ」は、他の敷布団とどこが違うのでしょうか?

睡眠中人間は何度も寝返りを打ちますが、実は敷布団が柔らか過ぎたり硬過ぎると寝返りを打つ度に身体に負担がかかっています。

朝起きた時、ぐっすり寝た筈なのに妙に身体が疲れていたり、腰痛や肩こりなど身体が部分的に痛みを生じさせてしまっている経験はありませんか?

原因は寝ている時の寝返り、そして敷布団です。

元々「敷布団 雲のやすらぎ」の開発に携わったのは寝返りが打ちやすいオリジナルの六角形の枕を開発した会社です。寝具の独自商品の開発には定評があります。

そんな快適な寝返りに関して並々ならぬ情熱を注いでいる会社の敷布団。「敷布団 雲のやすらぎ」のクオリティの高さも納得できるのではないでしょうか。

「敷布団 雲のやすらぎ」のメリットとデメリットを比較検討中の方は是非、構造と言う視点からこの敷布団をチェックしてみて下さい。
「雲のやすらぎ」は、他の敷布団とどこが違うのでしょうか?