安眠 敷布団

安眠できる敷布団をご紹介します。

安眠できる敷布団を教えて?

あなたの布団の中は、ムシムシ、ベトベトせず、1年中いつも快適でしょうか?

 

人が安眠するためには、夏は涼しく冬は暖かい敷布団が必要です。布団の中がムシムシする、ベトベトするなんて安眠から程遠いものがあります。

 

人は一晩でどれぐらいの汗をかいているのか、ご存知でしょうか?

 

一晩でコップ1杯分の汗をかく

 

実は、コップ1杯分であるおよそ200ccの汗をかいているのです。その量の汗が毎晩布団に染み込んでいくことを考えると、敷布団の裏がある日気がつくとカビだらけ…と言うのも不思議ではありません。

 

 

安眠できる敷布団を教えて?

敷布団はパジャマやシーツのように毎日替えるわけにはいきません。敷布団がどうしても不衛生になりがちな要因の1つです。そのため通気性も敷布団選びで重視したいポイントの1つです。

 

では、通気性という点で「雲のやすらぎ」はどうなのかと言えば、優れた通気性でも雲のやすらぎは高く評価されているのです。

 

安眠できるのが雲のやすらぎ

 

「敷布団 雲のやすらぎ」は独自の5層構造の2層目と4層目に凹凸加工されたアルファマットが挟まれていますから、優れた通気力で汗を浸透させる前に素早く蒸発させてしまいます。つまり夏でもベトベトしにくく安眠できるのです。

 

一般的なウールは湿気が溜まりやすいと言うデメリットを抱えていますが、そのデメリットを「敷布団 雲のやすらぎ」は見事に克服していると言うわけです。

 

この通気性と言う問題さえクリアすれば、保温効果に優れた羊毛は本当に敷布団に最適な素材です。

 

「敷布団 雲のやすらぎ」に使用されているハイクオリティのロレーヌダウンは、温度と湿度を調整する機能性に富み、睡眠中に低くなる体温を自然に暖めてくれます。

 

布団の中の理想の条件をつくりだす!

 

布団の中の温度は32度から34度、湿度も50±10%を維持するのが安眠できる為の理想条件だとされますが、通気性と同時に保湿性にも秀でた「敷布団 雲のやすらぎ」なら、身体を冷やしたり蒸れさせることなく朝までノンストップで熟睡可能です。

安眠できる敷布団を教えて?