雲のやすらぎ 厚み

雲のやすらぎの厚さは17cm!

 

雲のやすらぎの厚みは、なんと17cm

雲のやすらぎの厚みは何センチか?

 

話題の「敷布団 雲のやすらぎ」のメリットとデメリットをチェックしている方も少なくないとおもいます。

 

そこでメリットとして出てくるのが、雲のやすらぎの厚み。雲のやすらぎの厚さは、なんと17cmもあるのです。このもの凄いボリューム感も魅力の1つです。

 

17cmの厚さはまさに極厚。ベッドのマットレスにも匹敵する安心感です。

 

しかも、「敷布団 雲のやすらぎ」はただ厚いだけの敷布団ではありません。体圧を効果的に分散する独自開発のクロスクラウド製法により、「敷布団 雲のやすらぎ」は5層構造になっています。

 

うれしいリバーシブル

 

春夏用、秋冬用と年間を通して快適に使えるリバーシブル構造も「敷布団 雲のやすらぎ」オリジナルのメリットになります。

 

春夏用は2cmのマイティトップU、秋冬用も同じく2cmのロレーヌダウン(フランス産羊毛)が採用されています。

 

そして6cmもの分厚い中芯サイドスプレットを、3.5cmの凹凸アルファマットが両面から支えている構造ですから、一般的な敷布団ではあり得ない至極の寝心地を堪能できると言うわけです。

 

他の耐圧拡散布団と雲のやすらぎが違う点は?

 

雲のやすらぎの厚みは何センチか?

いわゆる体圧拡散布団と呼ばれる機能性を重視した敷布団は他にもあります。

 

けれど一般的な体圧拡散布団の場合、寝ている時の体圧を分散できるのは布団にお行儀良く真っ直ぐ寝ている時だけ…と効果を発揮する場面が限られてしまう傾向にありました。

 

つまり寝返りを打ってしまった途端布団の支持性が失われてしまい、背骨や腰、肩に負担がかかってしまい睡眠のクオリティが損なわれてしまう結果に。

 

その点横の繊維で身体からの負荷を逃し、縦の繊維で身体を支える「敷布団 雲のやすらぎ」は、寝返りを打っても背骨のラインをなだらかに保ち、筋肉と同じぐらいの硬過ぎず柔らか過ぎない硬度で身体の沈み込みを防ぐので一晩中快適に眠り続けることができます。

 

以上のようなメリットがたくさんあるため、雲のやすらぎはスポーツ選手などにも絶賛されているのです。

雲のやすらぎの厚みは何センチか?