雲のやすらぎ デメリット

雲のやすらぎのデメリットは何か?

雲のやすらぎのデメリットは、重い

 

私の場合、腰の痛みを少しでも和らげたかったので、雲のやすらぎのデメリットを一切考えず購入しました。

 

しかし、使ってみるとデメリットがありました。

 

肝心の腰の痛みに関しては雲のやすらぎのお陰なのか全然楽になってきたのですが、雲のやすらぎは重いです。

 

布団を干すために運ぶのが面倒になってしまいます。

 

買ってしまったので前向きに考えると、雲のやすらぎは、抗菌・防ダニで通気性も良いため、今までよりも布団を干す回数が減っても問題が少ないと言えば、デメリットではなくメリットとも言えます。

 

でも、欲を言えば軽いほうが良いですね。

 

それから、雲のやすらぎの厚みはメリットとして宣伝されていますが、厚みがあるのはデメリットにもなります。うちの場合は、ベットで使用していますからよいのですが、和室で使っている人は毎回押入れにしまうのは大変だし、厚みがあるので押入れを占領してしまうのではないでしょうか。

 

まあ、個人的には腰痛がましになってきたし、トータルすると買ってよかったと思っています。

雲のやすらぎのデメリットについて

「雲のやすらぎ」のデメリットは・・・

今までの敷布団の常識を覆す「敷布団 雲のやすらぎ」は「敷布団に求める機能が全部兼ね備えられている」と高く評価される程レベルの高い敷布団ですが、デメリットはあるのでしょうか? 

 

購入する前に「敷布団 雲のやすらぎ」のメリットとデメリットを比較検討している方は、デメリットについても気になるところですよね。

 

メディア反響も凄い「敷布団 雲のやすらぎ」は今のところはっきりしたデメリットは見当たりませんが、強いて挙げるとするなら値段が1万円以上することでしょうか。

 

あまり寝具にこだわらない方だと、1万円以下で敷布団を探す傾向が強いようです。「敷布団 雲のやすらぎ」は通常59,800円で販売され、キャンペーン中だと39,800円送料無料で入手可能です。

 

「敷布団は1万円以下」とライン引きしている方にとっては予算の4倍から6倍もの費用がかかるわけですが、実際に「敷布団 雲のやすらぎ」を購入した方は口を揃えて「安い!」とその品質を認めています。

 

睡眠と言うのは人間が快適に生活する上で非常に重要な要素ですよね。寝ている時はもちろん、ぐっすり質、量共に十分な睡眠が得られないと起きている間も頭がしっかり働かなかったり、身体も疲労しやすくなっています。

 

特に睡眠障害に悩む現代人は驚く程増えていますが、案外盲点となるのが敷布団です。眠れない、眠りが浅い、なんて睡眠のお悩みを抱える方は睡眠改善剤などの薬やサプリメントに頼ったりお酒で誤魔化してしまうケースも少なくありませんが、敷布団を替えるだけで本当に睡眠の質が激変します。

 

快適な睡眠を手に入れられる…と考えれば、3万円代の敷布団は決して高いとは言えないのではないでしょうか。

「雲のやすらぎ」のデメリットは・・・